pageviewers

うつぼな眼 
Moray
17/10/22 

雨模様 
Wall Melancholy 
17/10/21
今日も雨模様、こんな日は 終日バッハ 
無伴奏チェロ組曲 カザルス 
17/10/20
モンポウを聴いている。
外は薄暗く 窓の外は氷雨が降り続く 神無月。 
17/10/19
新車のバイク試運転兼ね 期日前投票へ 
まっとうな人間に期待の一票
今夜は勿論 新米パーティ 
Enjoy Rice, Enjoy Life
17/10/17
しんまい たけた ふた あけた 
ゆげといっしょに おなかぐう 
New Rice 
17/10/16 
外は今日も雨。
「地図と領土」ウェルベック読了。
最近本を読むスピードが遅くなった。

10/19 のオレンジ色の花の名前はマルバルコウソウ(丸葉縷紅草)
イシイ君が教えてくれた。彼は今ドローンに夢中らしい、同年代。

Stone Rolling
17/10/15 
全てが終わった後、森は、
相変わらず 風に揺れ 生き残った物と共存しているのだろうか ? 
或いは灰 化石の森となり 殺伐とした風景が 其処に残るのか?
Only God Knows Future 
17/10/14  
公園の森の中で確かに目撃したあの場面。夢?妄想?
「欲望」へのオマージュ トゥ ミケランジェロ・アントニオーニ 
Blow Up 
17/10/13 
餌を探す 白鷺親子、明日からは雨
Weather Report
 17/10/12
何語る、朝倉邸の桜の木 
Inside View of Art 
川俣正「工事中」
ヒルサイドテラス ルーフトップ プラン 
Work in Progress by Kawamata 
17/10/11
Fram Kitagawa in Gallery
北川フラム / アートディレクター 
Fram Kitagawa in front of ’Art Front Gallery’ 
「猿楽祭」
 Daikanyama 
17/10/10
秋色に 咲き誇る花の名前は知らない
 on the Road
17/10/9
秋風に 流れる情報 掴む餌 
Spider Net on Air 
17/10/8
好きな女優アンヌ・ヴィアゼムスキーが亡くなった。
「バルタザール、何処へ行く」(ブレッソン)「中国女」(ゴダール)
「テオレマ」(パゾリーニ)等々、ほとんど観ている。
ミステリアスな 'ナジャ' の雰囲気を持っていたお嬢様。
あぁ昔のアイドルたちが消えていく、いずれ自分たちも消えてゆく。
It's Raining in This Morning 
17/10/7 
散歩中 リズミカルについてきた お前は誰だ 
Friendly Snake, Incarnation ?
 17/10/6
 聴く 
ピース ピース ピースと鳥が鳴く
カタルーニャの「言霊」をカザルスが弾く 
Pablo Casals The Musician
The Birds in the Sky Sing 'Peace, Peace, Peace'  
17/10/5
いつまでも 闇夜じゃないよ 大丈夫
十五夜お月さん 顔を出し
 Don't Worry Baby 
17/10/4
憧れのカタルーニャ 
スペインの地方か独立国か 僕にはどちらでもいいのだが、
好きなアーティスト アントニ・タピエスだったら 勿論、
Si, Independencia Catalunya
17/10/3
続ける遊行
来月朔日からバルセロナ(カタルーニャ)方面へ 
 Chercher Muse Nadja
17/10/2
神は居ませぬ今月は 
Secret Blue Rose 
17/10/1 
Think about Deracine at Cafe 'Pensee' Fujisawa

それでいい
 We are Motherless People,
 We are Fatherless Also,
We are Alone, Without a Country,
 We have a Few Friends,
What else?
17/9/30 
Venezia 
Paris
17/9/29 
デラシネは都会に漂泊する。 
山や海には居ない。
Nadja is Deracine
17/9/28
まだ あの幻のモデルを探している 
ニューヨーク~ヴェネチア~パリ~東京~? 
Wanted 
Phantom Mysterious Nadja 
17/9/27
尋ね人 
Missing Woman Loved 
Femme Fatale 
17/9/26
秋の色 セミの抜け殻 タマネギの皮
Falling 
17/9/25 
目が覚めた 悪夢 疲れた 再起動 
 I am Camera
 17/9/24
巴里。セーヌ河には右岸と左岸がある。曼珠沙華は咲かない。
Difference Between East and West
Midnight in Paris 
17/9/23
川べりに 妖しく朱く曼珠沙華 世を憂いてか 浮浪雲の下 
Equinox 
17/9/22 
読み始める「地図と領土」ミシェル・ウェルベック / 野崎歓 訳 
 Reflection of Water in Forest Shirakami Aomori
17/9/21
Stormy Wednesday May be
17/9/20
ゴールデン街の薬缶 
at Bar Late Night, Shinjuku 
17/9/19
いつか灰になる
and into The River Stream
 Varanasi, India 
 17/9/18
ガンジスはいつも毎日彼岸ジス 
The River 
17/9/17 
仙川の此岸に燃える地獄より 天国夢見る曼珠沙華 
   River Side 
  17/9/16
香木を焚く煙 匂い シタールの妖しい音色
父ラヴィと娘アヌーシュカ
 ♪River Ganges
17/9/15
目出度いような そうでないような 絵のような 妖しい予感
Sunset In Setagaya
17/9/14
喰らうが 目出鯛  
普通の日じゃ 何がめでたい
Peace Face
17/9/13
大地の平和 太陽に祈る 神殿のてっぺん なんとかなる 
Sun Peace Maya, Be Positive. 
17/9/12 
正真正銘のデラシネ我ら
歌え 心の底から
 I Dig You 
17/9/11 
太陽神に地球の良き人間の心の臓を供物として捧げないと 
取り返しのきかない事に成るだろう 
現在地球上でおきている出来事は何かおかしい狂っている。
犠牲 Sacrifice が必要だ。
~昨夜 悪夢を観た~ 
Good Heart for God Sun in Mayan (Earth) Sanctuary, Right Now !
 17/9/10
太陽とメキシコ (オアハカ,チアパス) 
Magnitude 8.1 / Synchronicity / Sunspot 
17/9/9
幽谷を 分け入って 分け入って 名の無い滝
Eureka  
17/9/8  
「わが心 ありやなしやと探りみれば 
空吹く風の音ばかりなり」
そうだ、良寛がいた
 Heart of Poet
 17/9/7
さようなら ふるさとの山稲田 と嘯(うそぶ)き帰る我がふるさと(東京)へ 
Summer of Seventeen
17/9/6
俗に生き 個に生きた生活者 一茶に 惹かれる。
「空き腹に 雷響く 夏野哉」 
定住者でありながら 漂泊者の心を持っている。
芭蕉は自然を対象として、詩心を高めようとした文人だ。
一茶は表面上はヘラヘラ軽薄に生きていたが、
創る句は、結構厳しく内面はしっかりしている。
「痩せガエル 負けるな一茶 ここにあり」
Basho or Issa ?
17/9/5
「不易流行」~「高悟帰俗」
高く悟って、俗に帰る 
「軽み」の世界へ
海士が屋は 小海老にまじる いとど哉 
*いとどとは かまどうまの事
芭蕉が 奥の細道の旅を終えてから創った句
 深くて軽い
 Very Photography
17/9/4
奥入瀬に 流れ重ねて 野川行
Listening Different Music
17/9/2  
 Eggplant Italian 
 17/9/1
酒を飲んだら 戦争はできない
Bar in Shinjuku
17/8/29 
サクラの木の下のオクラ 
Okra Under Cherry Tree 
17/8/26